美容トレンドニュース

進化する美容クリニックでの肝斑治療

進化する美容クリニックでの肝斑治療

30代になると、しみ、そばかす、くすみなど気になる肌の悩みはぐっと増えてくるものですが、その中でも取れにくく改善しにくいのが肝斑です。肝斑はしみと間違って自己ケアをすると逆に濃くなってしまったり大きくなってしまうこともあるため、確実に改善したいと考えている際にはきちんと美容皮膚科・美容外科で専門の治療を受けるほうがよいでしょう。

肝斑は、30代~40代にかけて両頬に対照的に現れるのが特徴

30代~40代の女性はホルモンバランスが乱れてくることが多く、このタイミングで肝斑が現れることが多いです。

肝斑は特に頬の上のほうに「左右対象」に現れるのが特徴です。薄茶色でしみと間違うことも多いですが、普通の肌との境界線が分かりにくく、左右対称でベッタリとしたしみであることが多いです。

ホルモンバランスの乱れの他、日常的にピルを服用している人にも肝斑ができやすいと言われています。

肝斑を治療する方法 -内服薬

肝斑治療として最もオーソドックスなのはハイドロキノンやトレチノインといった塗り薬でしょう。さらに、塗り薬の効果をも高める効果的な治療として、内服薬があります。内服薬は、身体の内側からしみの原因を撃退したり肌のターンオーバーを整えるなどの効果などがあります。
内服薬として処方される代表的なものは、以下のようなものがあります。

・ビタミンC
美白成分として知られるビタミンCには、皮膚の構成成分であるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成を促進する作用があります。そのためビタミンCを摂取すると、肌の状態を整う他、強い抗酸化作用によってメラニンの発生を抑える効果があります。

・トラネキサム酸
アミノ酸の一種であるトラネキサム酸は、女性ホルモンの乱れによって分泌されるプラスミンというメラニンの発生を抑える作用(抗プランスミン作用)があり、しみを発生させる原因であるプロスタグランジンの伝達を阻害します。トランサミンなどの商品名で販売されています。

・L-システイン
アミノ酸の一種であるL-システインはもともと体内に存在する成分で、メラニン色素の発生を抑えるのと同時に、肌の新陳代謝やターンオーバーを促すことによって肝斑の原因であるメラニンの排出を促す効果があります。

※肝斑治療ではハイドロキノンやトレチノインなどを肌に塗布する治療を組み合わせる場合が多くあります。

ハイドロキノンは別名「肌の漂白剤」と呼ばれるほどに美白効果が高い点が特徴です。化粧水などで同じ美白成分として有名な「アルブチン」と比較すると、約100倍もの美白効果が期待できると言われています。
さらにハイドロキノンの場合、メラノサイトの活性化を抑え、新たにメラニン色素が発生するのを阻害する効果もあり、しみ・肝斑治療には非常に適しています。

またトレチノインは、ビタミンAの300倍ものパワーを持ち、強力なターンオーバー活性化作用によってシミや肝斑のもとであるメラニンを排出します。ハイドロキノンとの相性がよいためこの2つを合わせて治療を行う事も多いです。

肝斑を治療する方法 -レーザー

塗り薬、飲み薬の他、肝斑を治療する選択肢としてレーザー治療があります。
ただし肝斑治療の場合、通常のしみやそばかす治療用のレーザーでは改善が難しく、逆に色味が濃くなってしまうこともありました。

レーザーによる肝斑治療の場合、波長が長くてパルス数が短いものが適切とされています。
現在では、スペクトラ、レブライトといった肝斑治療に適したレーザー機器が出ています。

価格も1回5,000円程度からとリーズナブルのクリニックもあるので、塗り薬、飲み薬とあわせて最新のレーザー治療も試す価値はあるでしょう。

>肝斑治療に有効なレーザー・レブライト詳細はこちら
>肝斑治療に有効なレーザー・スペクトラ詳細はこちら


◆最新の記事一覧

↑ページの先頭へ戻る

しみ ニキビ ビューティーモデル レーザートーニング 体験レポート 再生医療 医療脱毛 問題 妊活・不妊 新商品・新製品 新宿の脱毛 美容コスメ 美容医療 美肌治療