美容トレンドニュース

プラセンタ、スーパープラセンタの気になる副作用

プラセンタ、スーパープラセンタの気になる副作用

その効果の高さで人気のプラセンタ注射ですが、ヒト由来の胎盤エキスを体内に直接注入するのですから、気になるのはその「副作用」です。
プラセンタ注射の副作用はどのようなものがあるのでしょうか?

■筋肉注射、皮下注射では重篤な副作用はない

プラセンタ注射による副作用として、悪寒や悪心、発熱、発赤、発疹などの症状が現れる方がいます。その他にも、プラセンタには女性ホルモンに働きかける成分も含まれているため、「生理が早く来た」「生理の時の出血量が多くなった」「生理前のように胸の張りを感じる」という方もいるようです。
上記のような症状が長く続いたり、症状がひどい場合には一旦プラセンタ注射を中止して様子を見ましょう。

また、プラセンタ注射は「たん白アミノ酸製剤」である為、タンパク質などにアレルギーがある方はアレルギー反応が出ることもあります。自身が何かしらのアレルギーを持っている方は、事前にドクターに相談してプラセンタを投与するか判断することをおすすめします。

■静脈注射は避けること

本件についてはドクターが把握していれば問題ないのですが、プラセンタ注射薬の静脈注射は投与法として認可されていません。
静脈にプラセンタを投与することによって、血圧の低下やショック状態、呼吸困難・チアノーゼ、また痙攣やホルモン異常などが起きる危険性があることが臨床結果でわかっています。
また、静脈にプラセンタを直接投与したとしてもそのまま排泄されてしまうため、効果的にも期待できません。

■プラセンタ注射を受ける前に覚えておきたいこと

プラセンタ注射をする際に覚えておきたいのは、一度でもプラセンタ注射を受けた人はその後、献血や輸血ができなくなるということです。

前述の通り、医薬品であるプラセンタは”ヒト由来の胎盤”のエキスを使用しているため、リスクを否定できないという観点から、他の人への血液の提供ができなくなります。

ほとんどのクリニックでは、このような説明が事前にあると思いますが、中にはこうした大切な説明をせずにプラセンタ注射をしているクリニックもあるので、自身である程度調べておくほうがよいと思います。

■気をつけたい「カクテル注射」

プラセンタ注射を行っているクリニックでは、プラセンタ+αの美容成分をあわせた「カクテル注射」のメニューを揃えているところがかなり多く見られます。

気をつけて欲しいのは、プラセンタに関しては主流となっている「メルスモン」「ラエンネック」の2種類の製剤は厚生労働省の認可を取得している安全が保証されたものなのに対し、その他の「+α」の成分については、体内への直接投与に関しての保障がされていないという部分です。

カクテル注射を進められた際には、
・どのような成分が配合されているか→どのような効果が期待できるのか
・その成分の副作用はどのようなものがあるのか
という点を事前にきちんと確認した上で検討するようにしましょう。

■感染リスク

プラセンタはヒト由来の胎盤抽出物のため、生物由来製剤に分類されてます。そのためC型肝炎やエイズウイルス、病原性プリオンといった感染リスクが100%ないとは言えないため、注射前には同意書へのサインが必要になります。

とはいえ、プラセンタ注射で使用するプラセンタの場合、安全性を考慮して厳重なチェック体制を敷いた上で販売しているため問題はないと言われています。過去50年間、感染症があったという報告は国内外いずれでも一例もないということです。


◆最新の記事一覧

↑ページの先頭へ戻る

しみ ニキビ ビューティーモデル レーザートーニング 体験レポート 再生医療 医療脱毛 問題 妊活・不妊 新商品・新製品 新宿の脱毛 美容コスメ 美容医療 美肌治療